taketourou_honjitunoseika

大晦日竹灯籠(たけとうろう)イベント、竹灯籠作り2日目!!

LINEで送る

前回の竹の伐採作業に引き続き、今日は伐採した竹から竹灯籠用の筒の作成に取り掛かりました。

今日も、Shimabaseのメンバーに参加してもらい、皆さん、和気藹々と終始楽しみながら竹灯籠を作れました。

濱口さん、前回の山の中での竹伐採作業で鍛えられたのか、切る格好が様になってきています!!

tsumekiri-fudouson_shimabase_201512129_01

磯和さんも同じく、余裕を見せてくれる様になっています。

tsumekiri-fudouson_shimabase_201512129_02

Shimabase2人の共同作業(!?)ですね・・・、きっと。

tsumekiri-fudouson_shimabase_201512129_03

ノコギリが2本しかないので、私は竹灯籠作りは2人に任せて、山の中に入り薪拾い・・・。

結構、落ちているもので、短時間であっという間に集まりました。

takigihiroui

急に、またまた冬らしい気温になってきたので、ドラム缶の中に薪を入れ、あたりの紅葉の落ち葉を拾い集め火を吹き返したところ、あっという間に・・・、素敵な暖炉になりました。

自然の中で生かされていることを再実感です。

続きを読む

shimabase_takekiri_20151208_03

大晦日竹灯籠(たけとうろう)イベント、始動!!

LINEで送る

お陰様で、去年に引き続き今年も、大晦日の竹灯篭イベント(12月31日18時頃〜21時頃を予定)を実施することになりました。

※去年の竹灯篭イベントの詳細は、こちらの記事『大晦日、竹灯籠イベントを開催しました!!』をご参照ください。

tsumekiri-fudouson_hondoutotakebayashi

今回は、Shimabaseのメンバーの方々にも参加していただき、4人力で竹を伐ってきました。

tsumekiri-fudouson_takebayashi

というわけで、早速、霊符堂裏の竹林(?)に突入です。

※潮音寺の和尚さんいはく、この御座爪切不動尊の竹林は、京都嵐山の竹林にも負けず劣らずとのことです・・・。笑。

shimabase_takekiri_20151208_01

写真で見るよりも、かなりの急斜面で、結構ハードです。一通り、竹の切り方や安全面の確認をした後、2チームに分かれて作業開始。

続きを読む

kuukai_to_mogura_02

僧侶と土竜(もぐら)

LINEで送る

今日の夕方時分に、御座爪切不動尊に参拝に伺い、いつものように管理棟を抜けて本堂に目をやろうとすると、参拝道脇をトコトコと動く焦げ茶色のモフモフとした物体を発見・・・?

kuukai_to_mogura_01

「???」と立ち止まっていると、上の写真右側のドラム缶脇へと歩いて消えていってしまいました・・・。

kuukai_to_mogura_02

消えていった方向に行くと、こんな感じの穴が・・・!!

今となっては、その焦げ茶色のモフモフの物体が何やったんかは定かではないですが、志摩地区には空海・弘法大師伝説というのがあり、その中からこんな御座爪切不動尊の昔話を思い出したので、少しだけ・・・。

===

むかしむかし、1人の僧侶が志摩の地方を巡錫(じゅんしゃく)され越賀村までお辿り着きになられた際に、とある富家に宿を貸してくれるようにとお頼みになられましたが、見すぼらしい旅僧の姿を見て聞入れてくれませんでした。

続きを読む

tsumekiri-fudouson_takenoko_20150412_01

霊符堂裏のタケノコ堀りに行ってきました。

LINEで送る

御座爪切不動尊の霊符堂裏には、滝へと続く小さい川と山が広がっているんですが、その山には竹林の区画があります。
昨年末大晦日の竹灯籠イベントは、この竹林の竹を伐り竹筒を作り、その竹筒の中にロウソクを入れて、開催しました。

tsumekiri-fudouson_20150411

で、そろそろ筍(タケノコ)の時期なのではと思い、霊符堂裏の山に入ると、あちこちに筍が顔を出していました。

tsumekiri-fudouson_takenoko_20150411_01

写真がピンボケですね・・・、ごめんなさい・・・。

続きを読む

tsumekirifudouson_sakuratunnel_20150331_03

曇り空の御座爪切不動尊の桜トンネル

LINEで送る

今日は、生憎の曇り空でしたが、御座爪切不動尊の桜を見に行ってきました。

曇り空の御座爪切不動尊の桜トンネル~その1~

曇り空の御座爪切不動尊の桜トンネル~その2~

稲荷から土俵跡に掛けての階段上の桜トンネルも、年々、さみしくなってきていますね。

御座爪切不動尊全体を考えた計画的な桜の定植事業が必要になってきているようです。

御座爪切不動尊での今年の桜は、あと1週間程を楽しめますでしょうか・・・。

konpirasan_10

御座のこどもたちと金比羅山へ

LINEで送る

今日は天気も良くお出かけ日和だったので、甥っ子(小1)と金比羅山へ行くことにしていたところ、甥っ子の友達(小3、小2)2人が遊びに来てくれたので、甥っ子の友達も誘って4人で金比羅山に登ってきました。

konpirasan_01

日頃は、家に遊びに来てもゲームばかりしているこどもたちですが、いつもと違うドキドキ感が伝わってきます。

konpirasan_02

と、早速、金比羅山に登り掛けたところで出くわす、大きい山桜です。

konpirasan_03

ゼンマイやら、

konpirasan_04

ドングリやら、

konpirasan_05

トトロの傘やら、普段なかなか見ない自然にも触れながら・・・。

konpirasan_06

以前に、金比羅山ハイキングコースに桜の苗を植えていただいたんですが、いくつかに桜が咲いていました。

konpirasan_07

もうすぐ金比羅山の頂上・・・、ラストスパートです!!

続きを読む

tenjouzakura_02_20150326

御座爪切り不動尊の天井桜も3分咲き!?

LINEで送る

御座爪切不動尊の土俵跡上の天井桜も3分咲き程になってきました。

今週末頃から見頃でしょうか!?

tenjouzakura_01_20150326

tenjouzakura_02_20150326

話は少し変わり、昔は、この土俵で青年団による相撲大会も行われていたようです。

『桜×キッズ相撲』なんていうのも面白いですね。

と、話を戻して、土俵跡から稲荷前広場を見た桜の写真です。

yamazakura_kaidankara

もう少しすると写真内の階段上にも桜トンネルができるかと思いますが、今週末ではまだ早いかも知れないですね。

yamazakura_01_20150326

前回投稿した山桜の1本隣の山桜が満開近いです。

稲荷前広場の山桜は、どうも左から順に稲荷に近づきながら満開になっていくようです。

yamazakura_up_01_20150326

下は、ソメイヨシノ?

sakura_up_20150326

というわけで、地元の小学校も春休みとなり、御座爪切り不動尊もにぎわいを見せそうです。

inarimae_yamazakura_01_20140321

御座爪切不動尊にも桜の季節到来です。

LINEで送る

3月の中旬も過ぎ、稲荷前広場の山桜も咲き始めてきました。

inarimae_yamazakura_02_20140321

inarimae_yamazakura_01_20140321

稲荷下の庭園内の枝垂れ桜も小ぶりな木ながらしっかりと主張をしてくれています。

shidarezakura_20140321

土俵跡上の天井桜はつぼみをつけているので、1週間後くらいから見頃を迎えるでしょうか・・・。

tenjouzakuranotsubomi_20140321

あっ、ちょっとだけ咲いてますね・・・っ!?

shiitake_kinuchi_02_20150313

御座爪切不動尊でシイタケの栽培の試み

LINEで送る

先日、御座爪切不動尊を訪れた際に、管理人さんが伐採した木を整理しているところで、それを見てシイタケの木にもなりそうだったので、管理人さんに聞いてみたところシイタケの菌も打てるとのことで・・・。

というわけで、シイタケの菌を購入してきて、管理人さん、森田鉄工所さん、山万さんとご協力のもと、3月13日(金)14日(土)とシイタケの菌打ちをしてみました。
※ちなみに、今回菌打ちをした木は、『イマメの木』と御座では呼ばれているようですが、正式名称はわかりません。

shiitake_kinuchi_01_20150313

まずは、ドリルで穴開け作業からです。8.5mmの穴を深さ25mm程開けます。

shiitake_kinuchi_02_20150313

次に、シイタケの菌をその穴に軽く押し込みます。

shiitake_kinuchi_03_20150313

そして、木槌でその軽く押し込んだ菌を木に打ち込みます。

shiitake_kinuchi_04_20150313

なんとか13日(金)は日が暮れるか暮れないかくらいにきりの良いところまで・・・。

shiitake_karibuse_20150314

そして、14日(土)は残りを終わらせ、菌を打った木を仮伏せして、水撒きをして終了。

koubounoike_hondou_20150314

もともとシイタケの菌打ちをする予定で木を切ってもらってはなかったため、長さや太さも規格サイズではないですが、無事1年半後には『御座爪切不動尊の椎茸』を拝むことができるでしょうか・・・!?

『空海弘法大師』建立、健康祈願・安産祈願・合格祈願・進学祈願・交通安全祈願・大漁満足祈願・海上安全祈願



Facebook

Get the Facebook Likebox Slider Pro for WordPress